まちサポトップページ > まちづくり情報のありか

この連載について

前回は函館市のウェブのトップページをご紹介しましたが、今回からは函館市のウェブのどこにどんな情報が載っているのかを、少し詳しく見ていくことにしましょう。

「まちのチカラ」を発揮していくなかで、活動のステージすなわち「まちの姿」を知ることは非常に重要なことです。「まちの姿」とは地勢、人口構成、産業そして行政運営の状況などを指すことになりましょう。
こうした情報を市の内外に発信することを目的に、『市勢要覧』という冊子が以前から毎年度作られてきました。写真が数多く掲載されまちのアピール材料の一つであると同時に、後半部分の「資料編」は「まちの姿」を数値的に示し、また各種の一覧により詳しく知ることができます。
近年はウェブ上でも公開され、手軽に見たり調べたりすることができます。
pdf形式ですので、印刷してお手元で見るのがよいでしょう。
『市勢要覧』 http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/kouhou/youran/youran.html


shiseiyouran.jpg

この『市勢要覧』は過去分にさかのぼれば、数値の移り変わりなどを把握することができます。
過去のものをご覧になるには市中央図書館を利用されることをおすすめします。

さてこの『市勢要覧』はまちの全般的な姿を知るには非常に便利な資料ですが、これに掲載される情報よりももっと詳しい統計資料などが必要になる場合があります。そうしたとき次にアクセスすべきものが「函館の統計」のページです。
「函館市の統計」 http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/toukei/

toukei.jpg

人口やその構成など毎月の調査データが更新されています。また人口以外にも各種の詳細な統計データが掲載されています。
統計調査は行政機関の大きな役割のひとつであり、『函館市統計書』という冊子を毎年度発行しています。こちらも市中央図書館でご覧いただくことができます。
『函館市統計書』 http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/toukei/kannkoubutu/toukeisyo/t-index.htm


さらにこの統計書に掲載されない情報でも市役所の各部局が各々発行する『事業概要』という冊子があります。税や各種の市民サービス、土木建築などの行政運営に関して年次毎に取りまとめた資料です。以前から冊子で作られていましたが、近年こちらもウェブ上で閲覧できるようになりました。

「函館市の事業概要」 http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/soumu/gyokaku/jigyogaiyo/jigyogaiyo.html


必要に応じて、これらの情報を読み解き、まちの姿を知ることが大切だと思います。


上記の各ページへのアクセスは『はこだて「まちのチカラ」サポートデスク』ウェブページの「関連リンク集ー函館市の調査統計情報」からのリンクしています。ぜひご利用ください。



連載の始めとして、まず「函館市役所」のウェブページをご紹介します。


cityhakodate-thumb-350x240.jpg

 まちに関する調べものをするときに、市町村の役場や役所のホームページをご覧になることが多いと思います。グーグルやヤフーなどのサーチエンジンで市町村名を入力した際に、真っ先に表示されるもの、その自治体の公式ホームページです。

 それだけに、市町村のトップページはまさにそのまちの顔といえるわけです。

 さて、まちのことや行政サービスの概要を知るためには、まずこのトップページから入ることになります。

 函館市のトップページを見てみると、左側のメニューに「概要」「人口・統計」「観光・歴史」「よくある質問と答え」「本日の行事予定」などが並んでいます。

 また上部には「くらしと手続」「健康・福祉」「教育・文化・スポーツ」など「タブ」とよばれる見出しがあり、これをクリックすると、その内容に合致したメニューへとページが変化します。

 同様に、ページ中央には、「出産」「子育て」「入学」などわかりやすい絵(「アイコン」といいます。)によって、関連ページに導くメニューも用意されています。

 トップページには、あくまでメニューとして機能し、最小限の情報を整理し的確に表示するという工夫といえます。


 ページの中心には、「イベント情報」「各種募集」「新着・更新情報」が羅列されています。

 しかしこれらのほかにも、市の各部局全体では、さまざまな情報が日々掲載されており、このページだけでは、新しい情報が数多くあります。

 そうした情報を探すには、左側メニュー中ほの「部局のページ・組織一覧」から

導かれる各部局のトップページにアクセスすることです。

 さて、そうした情報をまとめて知りたいときには、「まちのチカラ」サポートデスクのウェブページをご利用ください。毎日、各部局トップページを巡回し、これらにNPO関係の情報なども含めてお知らせしています。

 今後、この連載は、各部局のトップページなどを紹介し、「まちのチカラ」に資する「情報のありか」をご紹介していきたいと思います。

「はこだて『まちのチカラ』サポートデスク」によるウェブ連載講座の開講です。

その第1弾として「まちづくり情報のありか」と題する連載を始めます。

「まちのチカラ」を発揮するうえで、的確な「情報収集」をすることは非常に重要なことです。

今日、NPO・ボランティアなど市民活動の飛躍的台頭の大きな原動力とされるもののひとつに、インターネットの存在があります。
インターネットウェブにより簡易に迅速に、かつ安価に広く情報の発信が可能になったこと、またそうして各所から発信される情報をネット検索という手段で簡単に収集できるようになったこと、こうした両方向からのインターネット活用が、いわば「まちのチカラ」を大きく後押ししているわけです。

 さて、各々がもつ「まちのチカラ」を発揮しようとするなかで、ときには官公庁やその関係機関との調整・協力・協働などが必要となる場合があります。

 そうした連携や協力を図るうえで不可欠なのが、それら機関が発信する各種の情報です。その情報源の中心となるのがウェブページ、どこが調整の窓口になるのか、どんな協力を得られるのか、そうしたことを知る手がかりとなるウェブページをこの連載でご紹介します。

 まずは身近な市役所や市内にある各行政機関などから、道庁や国の機関などの役立つ情報のありかを紹介する連載です。